お寺や仏教の情報を「Be CoroCoro」に掲載しよう!

初めてでも失敗しない!良い作務衣の特徴と作務衣選びのコツ

良い作務衣の特徴と選び方 作務衣
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

機能的で着心地もいい作務衣は、最近、男女問わず幅広い世代に人気が出てきています。
でも、甚平や浴衣に比べるとまだまだ知名度が低いのが現状…

作務衣と甚平の区別がついていないお店もあるし…

「作務衣には興味があるけど、どんなものを選んだらいいのかわからない…」という方も多いと思います。

ここでは、初めての方でも失敗しないように良い作務衣の特徴と作務衣選びのコツについて紹介します。
作務衣というと高尚なもので敷居が高く感じますが、良い作務衣の特徴と選び方のコツはとてもシンプルなんですよ!

初めてでも失敗しない作務衣選び
  1. 良い作務衣の特徴
  2. 作務衣選びのコツ
これで失敗しないよ!
ほうりん

初めてでも大丈夫!良い作務衣の特徴

作務衣はもともと禅寺のお坊さんの作業着として着用されていました。
結論から言うと「丈夫さ」「着心地の良さ」をあわせもつ作務衣が良い作務衣の特徴です。
というわけで作務衣の「丈夫さ」と「着心地の良さ」を見極めるポイントを教えますよ。

作務衣の「丈夫さ」を見極めるポイント

作務衣の丈夫さを見極めるポイントは、生地と縫製です。

まず生地については、厚手で密度の高いものを選びましょう。
作務衣で作業をする場合は可動部が擦れてしまうので、ある程度の厚みと密度がなければ破けやすくなります。

縫製については、可動部、特に力がかかりやすいところに力布ちからぬのと呼ばれる布で補強されているか、解けやすいところをしっかりと縫製しているかを見て選びましょう。

作務衣の「着心地の良さ」を見極めるポイント

着心地の良さを見極めるポイントは、生地と仕様です。
また、着用する季節も考える必要があります。

まず生地については、綿や麻、絹などの天然素材であるほうが着心地が良いです。
ポリエステルなどの化学繊維はどうしてもゴワゴワしてしまいます。

仕様は、洋服のような肩はぎがないほうが良いです。
安い作務衣には肩はぎがありますが、肩はぎがあると着用したときのシルエットが変わってしまい、和装らしさがなくなってしまいます。

季節と生地についてですが、やはり夏には麻が涼しげで良いでしょう。
寒くなってくると厚手の綿や綿入れのものがおすすめです。

初めてでも大丈夫!作務衣選びのコツ

良い作務衣は「丈夫さ」「着心地の良さ」をあわせもつということはわかっていただけたと思います。

でも、「丈夫さ」と「着心地の良さ」だけでは難しいよね

ここからは、初心者でも失敗しない作務衣の選び方のコツを紹介します。
結論から言うと、作務衣選びのコツは作務衣を着る「時期」「目的」から選ぶことです。

作務衣を着る時期から選ぶ

どの服でもそうですが、「夏は涼しく、冬は暖かい」なんて都合のいいものはありません。
作務衣も同じで、大きく分けると夏用、春秋用、冬用に分けられます。
この作務衣の夏用、春秋用、冬用の違いは「素材」

作務衣を素材から選ぶポイント
  • 夏用:麻素材がおすすめ
  • 春秋用:綿素材がおすすめ
  • 冬用:厚手の綿、キルト、ウールがおすすめ
気候にあった作務衣を着よう!
ほうりん

夏はやはり涼しげな麻が入っている素材を選ぶほうがいいでしょう。
春や秋は多少の寒暖に対応できるよう綿の素材
冬は綿素材の作務衣にインナーを着こんでもいいですが、寒さに強いのは厚手の綿やキルト、ウール素材の作務衣です。

また、色柄は冬用は暗く、夏用は涼しく見える明るい色の素材が多いです。

作務衣を着る目的から選ぶ

作務衣を着る時期で選んだら、次は目的で作務衣の形を絞っていきましょう。

自分が作務衣をどういう目的で着るかを考えて、以下の目安で選んでみましょう。

作務衣を目的から選ぶポイント
  • 普段着:オーソドックスな筒袖作務衣
  • 作業着:ゴム袖仕様・ロールアップ袖仕様
  • お寺や神社で着用:黒や白で、作業しやすいもの
シーンにあった作務衣を選ぼう!
ほうりん

作務衣を着るシーンによって選び方は変わってきます。
書道や陶芸をする場合は、袖がまくりやすいゴム袖やロールアップ袖が良いでしょうし、くつろぎ着として毎日着るなら、ゆったりとして着心地がよく、飽きのこない色柄の作務衣がいいでしょう。
お寺や神社の方は基本的に黒・白の作務衣を着用します。

初めてでも大丈夫!作務衣のお手入れ

作務衣の素材や質にもよりますが、基本的には洗濯機で洗えます。

ただ、手洗いで丁寧に洗うとより長持ちします。
洗濯機で洗う場合も、ネットに入れて洗い、脱水時間は短めのほうが良いでしょう。
干す時は、シワをのばして干すとアイロンをかけやすくなります。

ただし、藍染めや正絹作務衣などは特に注意が必要なので、洗濯表示をよく確認してください。

良い作務衣の特徴と作務衣選びのコツ|まとめ

良い作務衣の特徴は「丈夫さ」「着心地の良さ」
作務衣選びのコツは 「時期」「目的」 です。

これら4つのワードを意識して作務衣を選べば間違いありません。
慣れてきたらトータルコーディネートを意識して素材や形をアレンジしてみましょう。
それでは作務衣のある生活を楽しんでください!

タイトルとURLをコピーしました